夏のリコチャレンジ2019に出展

 2019年8月2日(金)に、東京都の秋葉原駅近くの秋葉原UDX4Fギャラリーにて、(株)日刊建設通信新聞社主催、内閣府・文科省・経団連共催の「夏のリコチャレンジ2019 理工系のお仕事体感しよう!-数学と理科が暮らしをつくる-」が開催された。

 当社ブースでは、原社長、西村関東支店長、内山係長、鋤柄の4名が対応し、45名の方に説明した。イベント全体でも331名の来場があった。当社は、体感・体験出来る様に、廃ガラスをリサイクルした多目的環境材料「ミラクルソル」を使った工法「FWG透保水性舗装工法」の簡易デモを出展した。来場者も幅広く、小学生から大学院生まで様々な方に、セラミックヒーターで温めたインターロッキングブロックの温度差を体験し興味を持ってもらえた。

※理工チャレンジとは
 理工系分野に興味がある女子中高生・女子学生の皆さんが、将来の自分をしっかりイメージして進路選択(チャレンジ)することを応援するため、内閣府男女共同参画局が中心となって行っている取組みです。
※夏のリコチャレンジとは
 主に女子中高生等を対象に夏休み期間を利用して行われるイベント。夏のリコチャレ2018では123団体が参加、165のイベントが開催されました。昨年、日刊建設通信新聞社主催の夏のリコチャレンジでは、企業・団体が一堂に会しイベントを開催するのは初の取り組みで、内閣府会議でも好事例として取り上げられました。

総合情報技術事業本部 情報技術課 内山 佳樹  記

当社ブースの様子
当社ブースの様子
会場の様子
会場の様子
説明の様子1
説明の様子1
説明の様子2
説明の様子2
説明の様子3
説明の様子3
説明の様子4
説明の様子4
キーワード:
リコチャレンジ,秋葉原,透保水性舗装工法,ミラクルソル工法,ミラクルソル,ガラス廃材,再資源化
ミラクルソル工法 特殊工法