平成30年度 建設マスター・
建設ジュニアマスターを受賞

 平成30年10月5日(金)、国土交通省主催による建設マスターと建設ジュニアマスターの顕彰式が東京都港区メルパルクホールに於いて開催され、(一社)斜面防災対策技術協会からの推薦により、建設&コンサルタント事業本部 下平 正徳 副本部長と、広津 大治 係長がその栄誉に浴した。

顕彰式典入口
顕彰式典入口
顕彰式典の様子
顕彰式典の様子

受賞者コメント
下平 正徳:この度、法面工事の建設マスターという身にあまる賞を受賞することが出来ました。これもひとえに先輩や後輩の皆様のご助力のおかげだと心から感謝しております。振り返ると一番の思い出は、岡山県の山陽自動車道の建設現場に、昭和62年1月から約8ヶ月間出張し、法枠工事に従事したのが深く心に残っております。この受賞の感謝を胸に刻み今後も地域社会に貢献し建設現場従事者の模範となれる様、精進し努力する所存でございます。

顕彰式典壇上での撮影1
顕彰式典壇上での撮影1
顕彰状1
顕彰状1

広津 大治:この度は、受賞させていただきありがとうございます。建設ジュニアマスターを受賞させてもらうに当たって、今の自分があるのは会社の先輩達のおかげだと言う事を改めて感じる事が出来ました。最後に何年掛かるか分かりませんが、建設マスターを受賞出来るようこれから、日々努力して行きたいと思います。

顕彰式典壇上での撮影2
顕彰式典壇上での撮影2
顕彰状2
顕彰状2

建設マスター・建設ジュニアマスターとは(国土交通省HPより抜粋)
 国土交通省では、建設産業の第一線で「ものづくり」に携わる方々に誇りと意欲を持っていただくとともに、その社会的評価の向上を図ることを目的として、特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をされている建設技能者の方々を対象として、平成4年度より毎年「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を実施しています。また、平成27度より、建設マスターに達するまでの技能の向上のインセンティブを与えることを目的として、優秀な技能・技術を持ち、今後更なる活躍が期待される青年技能者の方々を対象として「青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰」(建設ジュニアマスター)を実施しています。

総合情報技術事業本部 内山 佳樹  記

C-net通信さが(2018.10.3)
佐賀建設新聞(2018.10.11)

キーワード:
受賞,顕彰,国土交通省,建設マスター,建設ジュニアマスター
ミラクルソル工法 特殊工法