FWG透保水性舗装工法®

特許:第3888978号
商標:第4979792号
商標:第5088095号
地球温暖化・ヒートアイランド現象を抑制する工法として
平成15年10月 佐賀マーケティングプラザに選考
平成17年07月 佐賀トライアル発注制度採択工法
平成26年04月 平成25年度地盤工学会九州支部「技術賞」を受賞

ミラクルソルを用いた透・保水性舗装工法とは

透・保水性舗装の背景

 夏期に都市中心部の気温が周辺地域に比べ高温になるヒートアイランド現象は、ビルやマンションなどの空調機器や自動車から出る排熱が増加することにより、舗装された地表面が高温になるのが原因と考えられています。そこで、都市部に大面積をもつ道路舗装部に、吸水性ミラクルソルによる保水機能を持たせることで、ヒートアイランド現象や温暖化現象を緩和する有効な対策工となることが考えられます。このような背景を基に、保水している水が気化熱を奪い、日昼の蓄熱量を低減することで、環境の面から廃ガラス材の再資源化によるミラクルソルを用いた透水性As舗装や透・保水性インターロッキングを利用した、高保水機能を持ったFWG透保水性舗装工法を提案いたします。

透・保水性舗装工法概要

  • 粗粒状の吸水性ミラクルソルを路床に、10cm~30cm敷設し、表層部には透水性As舗装、または、透・保水性インターロッキングを用いることにより、雨水や打ち水を、ミラクルソルが保水し、水分の蒸発時に気化熱で路面および周辺地域の温度上昇を抑制する効果的な保水性舗装を構築します。
  • ミラクルソルを用いた透・保水性舗装を都市部に構築することにより、保水性の高いミラクルソルが長期間にわたり温度抑制効果を持続させ、ヒートアイランド現象や温暖化現象を緩和させる機能を発揮します。
  • 透・保水性舗装工法に用いるミラクルソルは、建設ガラス廃材・容器包装である空き瓶を再資源化した素材であるため、地球環境に配慮し、環境の保護・創出につながる工法です。

打ち水効果の模式図

模倣図
降った雨がインターロッキング並びにミラクルソル中に保水されます。
インターロッキング及びミラクルソルに保水している水が蒸発し、インターロッキングの表面温度を下げることで、その周辺の温度上昇も抑制します。

実証試験結果

ケース1
ケース1 通常インターロッキング+砕石
雨水の保水機能はほとんどない。
ケース2
ケース2 透・保水性インターロッキング+砕石
透・保水性インターロッキングに保水機能がある。
ケース3
ケース3 透・保水性インターロッキング+ミラクルソル
透・保水性インターロッキングとミラクルソルに保水機能がある。
3ケースの路面温度測定結果
3ケースの路面温度測定結果
  • 降雨3日後表面状況で、透・保水性インターロッキングとミラクルソルを組み合わせたケース3の表面が最も湿っている。
  • 表面温度の結果において、ケース1とケース3の温度差が14:00で約8℃、17:00で約4℃生じている。
  • 雨水や、打ち水によりミラクルソルが保水するので日中の温度上昇を抑制する効果がある。
  • 保水層としてのミラクルソルの層厚が厚いほど温度抑制効果が発揮される。

※ミラクルソルを路盤材に用いることで、保水機能が高まり温度上昇を抑制するという効果が得られる。

歩道部における透・保水性舗装工法

①着工前
①着工前
②ミラクルソル撒き出し
②ミラクルソル撒き出し
③ミラクルソル転圧
③ミラクルソル転圧
④サンドクッション転圧(砂かミラクルソル2mmアンダーを用いる)
④サンドクッション転圧
(砂かミラクルソル2mmアンダーを用いる)
⑤透・保水性インターロッキング設置
⑤透・保水性インターロッキング設置
⑥施工後
⑥施工後
路面温度測定結果
路面温度測定結果
透・保水性インターロッキングインターロッキングブロック(ミラクルソル20%混合)
透・保水性
インターロッキングブロック
(ミラクルソル20%混合)

アスファルト舗装における施工事例

 透水性アスファルト舗装の路盤に保水層を設けることで、打ち水効果による温度上昇を抑制する工法。透水性アスファルトの間隙をミラクルソル2mmアンダーで充填することで、毛管現象を発現させるとともに舗装部においても保水機能を付加する。

施工ケース一覧

Case 1.
透水性舗装
Case 2.
FWG透・保水性舗装
Case 3.
FWG透・保水性舗装
施工ケース一覧
①フィルター層転圧状況(ミラクルソルφ2mmアンダー)
①フィルター層転圧状況
(ミラクルソルφ2mmアンダー)
②路盤転圧状況(ミラクルソルφ10~50mm)
②路盤転圧状況
(ミラクルソルφ10~50mm)
③上部フィルター層転圧状況(ミラクルソルφ2mmアンダー)
③上部フィルター層転圧状況
(ミラクルソルφ2mmアンダー)
④透水性アスファルト舗装転圧状況(空隙率 15.3%)
④透水性アスファルト舗装転圧状況
(空隙率 15.3%)
⑤空隙充填作業(ミラクルソル2mmアンダーの敷均し)
⑤空隙充填作業
(ミラクルソル2mmアンダーの敷均し)
⑥空隙充填作業(散水による水締め)
⑥空隙充填作業
(散水による水締め)
毛管現象模式図
毛管現象模式図
間隙が大きいために、路盤に蓄積した水分が上昇してこない。
間隙を小さくすることで毛管現象を発現させる。ミラクルソルφ2mmアンダーも気泡を有しているため、保水効果が期待できる。

民間会社の休憩場で「FWG・透保水性舗装工法」を施工

施工場所:佐賀県唐津市相知町長部田
工   期:平成22年9月~平成22年10月
工事概要:FWG・透保水性舗装 A=72.0m2
     ミラクルソル 約6.0m3
     透保水性インターロッキング 300×300×60mm 800枚
     アスファルト舗装 A=1,842.0m2

 民間会社の屋外休憩所新設工事に伴い、当社の特許工法でもありミラクルソル工法の環境土木工法の一つである「FWG・透保水性舗装」が採用された。
 この工法は、ミラクルソルの特徴である吸水性・保水性を利用したもので、路盤材として厚さ10cm使用することで保水層が形成され、透保水性を有するインターロッキングブロックを使用するため、雨水・打ち水により、水分の蒸発時に気化熱で温度上昇を抑制する効果を発揮する工法である。

①着工前
①着工前
②施工状況
②施工状況
③竣工1
③竣工1
④竣工2
④竣工2

平成23年度 第87号 都市計画道路西渕河畔線外1路線道路舗装工事

工   期:平成23年11月21日~平成24年1月31日

幅 = 3.66m 3.23m
L = 135m 114m
A = 860m2

①路床部
①路床部
②ミラクルソル2m/mアンダー
②ミラクルソル2m/mアンダー
③ミラクルソル10~30mm
③ミラクルソル10~30mm
④ミラクルソル敷均し
④ミラクルソル敷均し
⑤透水性アスファルト
⑤透水性アスファルト
⑥ミラクルソル2m/mアンダーを空隙へ間詰め
⑥ミラクルソル2m/mアンダーを空隙へ間詰め
⑦完成:透水性アスファルトミラクルソル2m/mアンダーを流し込んだ状況
⑦完成:透水性アスファルト
ミラクルソル2m/mアンダーを流し込んだ状況
ミラクルソル工法 特殊工法